初心者のためのFX

初心者のための、FXのしくみについて

初心者向けに、まずFXのしくみについて述べます。FXとは、外国為替証拠金取引または外国為替保障金取引のことで、通貨を売ったり買ったりする取引の1つです。為替差益を狙って取引するのが稼ぐポイントとなります。

 

外国為替とは、ユーロ・円・アメリカドル・イギリスポンドなどの通貨を交換することで、この時の交換比率のことを為替レートと呼んでいます。為替レートは、日々、それぞれの国の情勢、金融政策や政治などにより変動しています。

 

次に、FXの大きな特徴であるスワップ金利についてですが、スワップとは交換という意味で、二つの通貨の金利差で稼げる金利です。より金利の低い通貨を売り、より金利の高い通貨を買った際に受け取れます。スワップ金利は毎日更新されるので、その額には変動があります。

 

また、会社によってもスワップ金利に差があるので、より高い金利の会社で取り引きするのがおすすめです。また、通貨ペアというものがあります。株の銘柄のようなもので、いろいろなペアがあります。例えば、米ドルと円・ユーロと米ドルなどです。

 

通常は米ドル/円のようにスラッシュで区切り表記します。通貨ペアを買う場合は、スラッシュの右側の通貨を売って、左側の通貨を買うことを意味しています。

FX取引を行うにあたっては情報収集からスタート

 

FX取引は、誰でも手軽にできるようなものとなっております。これと似たようなものとして株取引というものがあるのですが、FXの場合ですと、さらにとても入りこみやすい内容となっておりますので、投資をはじめて行う人であれば、まずはFX取引をおすすめします。

 

では、この取引をスタートするにはどのような感じで進めていくのが良いかと言いますと、まずは本屋さんにいってみて、マニュアル本というものを一冊購入してみるのが良いです。

 

もちろん、今の時代ですから、わざわざ本屋さんで本を一冊購入しなくても、インターネットで情報を収集することはできるようになっています。ただ、やはり、頭の中にしっかりと入れるのであれば、マニュアル本が一冊あった方が便利であると言えます。さて。マニュアル本ですが、本屋さんに行きますと、実にたくさんの本が販売されております。

 

その中からどの本を購入するか、それは、いろいろとあるマニュアル本をとりあえず手にとりまして、さっと読んでみるのが良いです。そうすると、本によって特徴がありますので、その中でも一番読みやすいものを一冊購入します。そして、いろいろな情報を収集した上で、口座開設しスタートすると良いです。

FXは株取引と異なりチャート分析が難しい

 

株取引では、主に25日移動平均線を利用し、相場の上下変動を予測します。しかし、FX取引ではもっと数多くのチャート分析が必要に奈なってきます。株相場より動きが密である事、そして時間軸の動きにも気を使わないといけないからです。

 

株取引に使われる日足チャートは、FX取引では長期間でみた参考値です。取り引きするに当たっては、時間軸である1時間足や4時間足、スキャルピングをするのであれば、15分足、10分足、5分足を見る必要があります。

 

これらを同時に立体的に見る事ができるようになって、初めて相場観が掴めるようになるのです。短期間の足が下落基調であっても、長期チャートが上昇基調であれば、上昇基調にある中の一時的な下落という見方もできます。

 

従って、森を見てから木を見ないと、相場の逆の動きに張っている事になりかねないのです。最近のチャートでは、複数の軸を一つの相場チャートに表す事のできるような便利な機能もあります。

 

長期チャートと短期チャートを同時に見ることで大きな相場の流れを確認しつつ取り引きができるといったメリットがあります。しかし、すべてのチャートが同じ方向を向く事はほとんどありません。売り買いの相場を自分なりに決めてトレードする必要があるのです。

FX業者の口座開設時には有利なキャンペーン

金融商品の開設時にはキャンペーンがつきものです。どの業者も顧客を獲得するために様々なキャンペーンを出してきます。FX取引も同様で新規口座開設時には様々なキャンペーンを打ち出しています。

 

せっかく新規の口座を申し込むのであればキャンペーンを上手に利用するのは賢い考え方です。一番多いキャンペーンはキャッシュバックです。トレード数量や金額などに縛りや条件がありますが、数千円から数万円のキャッシュバックがあります。

 

しかし、その条件には数十万通貨の取引があるのが多く、一気にそれをクリアしようとしても、一回の取引金額が、数百万円であるため敷居が高いのが現実です。例え資金を準備できたとしても、負けた時のリスクを考えるとそう簡単に取り引きする事はできません。

 

そのため、一回で取引するのではなく、合計取引で見るのが賢い方法です。十万通貨の取引が必要な場合、十万通貨であれば一回の取引ですが、一万通貨であれば、10回取引すれば成立します。

 

千円通貨であれば、100回取引すれば成立です。スキャルピングなど頻繁に取り引きしている人は100回など数日でクリアしてしまいます。キャンペーンを活用する際には、FX取引回数とキャッシュバック額を照らし合わせてみるとお得です。

 

FX口座を賢く選ぼう!

FX比較
FX口座を比較念頭するためにはFX比較サイトを活用しよう。
どのような活用法が良いのかわかります。